定期的な排卵

川辺の妊婦

排卵日を予測するのは自分ではとても難しいものです。病院では超音波検査で卵胞の大きさを数日ごとチェックして推測しますが、どの大きさで排卵するかは個人差があります。 タイミングを試みても妊娠が難しい場合がありますが、それば病院で検査をして初めてわかるケースが大半です。タイミング法で妊娠できない原因として女性側では次のようなことが挙げられます。 ・排卵していない(無排卵) ・卵管が通っていない ・頸管粘液が少ない ・抗精子抗体 このうち無排卵は、月経不順や基礎体温が2相性にならない人にあてはまることが多いです。この場合は排卵誘発剤を使って排卵を促します。 一般的には穏やかな効き目のクロミッドを服用して様子を見ます。月経周期が長い人には周期を整える目的で排卵誘発剤を使うこともあります。

不妊治療において、排卵誘発剤を継続して服用するケースがよく見られます。排卵誘発剤のクロミッドを長期間、反復して内服すると副作用として子宮内膜が薄くなる傾向が見られます。そのため経血量が減り、生理が2日ももたず終了してしまうということもあります。 そのような場合は医師と相談してクロミッドと併用してエストロゲン製剤(子宮内膜を増殖させる卵胞ホルモン)による内膜補強を考える必要があります。 または精神的、経済的な負担も考えると、必要に応じて少なくとも1〜2周期、不妊治療をお休みして心身ともにリフレッシュをすることもおすすめでしょう。 また排卵誘発剤の高温期は、黄体ホルモン(子宮内膜の着床準備や妊娠維持の環境を整えるホルモン)が多量に分泌され、乳腺組織が肥大することもありますので、乳腺の張りを感じることもあります。こちらはさほど心配はいらないでしょう。